にきび通信 パート18






[PR]



2007年09月10日(Mon)
にきび通信 パート18
皆さんこんにちは。


美容皮フ科クリニック
ケミカルピーリングしわたるみボトックスにきびにきび跡美白の専門)
メディエス皮フ科クリニック 銀座院 院長の小林です。


今日は私がお話をさせていただこうと思います。


皆さんよろしくお願いいたします。


今日からはニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング

についてのお話をしてきたいと思います。



中学生、高校生の頃にニキビがたくさんできた経験をお持ちの方は多いと思います。

また、あの頃は日焼け止めなどもほとんど塗らずに、

真っ黒に日焼けしていたり、

ニキビにきび)も片っ端からつぶしていた!

なんて方も多いのではないでしょうか?


その結果、

ニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング)がクレーターになったり、

ニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング)が色素沈着してしまったり
ということでお悩みの方も多いようですね。




そこで、今回は

このニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング)クレーターについて

お話します。

ニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング)のクレーターはどうしてできるのでしょうか?

ニキビにきびケミカルピーリング)は白いぷつんとしたふくらみが、だんだん赤く腫れてきます。

ニキビ
(にきびケミカルピーリング)は早めに治療しないで、放置していると、

炎症によって周囲の組織が破壊されていきます。

この破壊された組織が修復されるときに、

硬い線維で置き換わり、

元の組織の大きさよりも縮んでしまうので、

ニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング)は硬く凹んでしまうのです。


こうなってしまうと、何も治療をしなければ、

いくら時間が経ってもニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング)は

元の平らな状態には戻りません。

では、クレーターの治療はどうすればよいのでしょうか?

レーザー治療はどうでしょうか?


来週はこのテーマでニキビ跡にきび跡にきび痕ニキビ痕にきびあとケミカルピーリング)">ニキビ跡(にきび跡・にきび痕・ニキビ痕・にきびあと・ケミカルピーリング)についてのお話をしていきたいと思います。


皆さんお楽しみに。


   


mediethの自由文言1


新着トラックバック/コメント

mediethの自由文言2

カレンダ
2007年9月
           
10
           

アーカイブ
2006年 (41)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (5)
11月 (1)
2007年 (24)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (6)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:2
累計:36,395